top of page

ピアノと和歌で紡ぐ音楽朗読劇《ドビュッシーと藤原定家》

更新日:3 日前

2024年8月3日(土)4日(日)、旭堂楽器店サンホール(京都市)にて、ピアノと朗読のアンサンブルによる音楽朗読劇を上演いたします。

お心に留めていただけましたら幸いです。


[公演タイトル]

ピアノと和歌で紡ぐ音楽朗読劇《時を超えて出会う ドビュッシーと藤原定家》


[日時]

DAY1 2024年8月3日(土)開演15:00(開場14:30)

DAY2 2024年8月4日(日)開演15:00(開場14:30)


[場所]

旭堂楽器店サンホール(京都市)


[公演概要]

ピアノと朗読のアンサンブルをお届けいたします。

C.ドビュッシー:映像 第2集、片山柊:藤原定家の和歌に基づく新作ピアノ独奏曲 他、即興演奏と朗読のセッションで物語を紡ぎます。


[あらすじ]

1907年、パリ。日本美術をこよなく愛する音楽家・C.ドビュッシーは、謎めいた和歌集を手に入れます。一方、1207年の京都では、歌人・藤原定家がスランプに陥っていました。後鳥羽上皇に暇乞いをしますが聞き入れられず、阿弥陀堂の夜警を命じられてしまいます。

或る晩、夢を介して出会ったふたり。700年の時を超え、対話をこころみます。

音楽と和歌のアンサンブルは古都をたゆたい、やがて希望を紡ぎ出します。


[出演]

ピアノ:片山柊

朗読:堀田貴裕(東映京都俳優部・東映剣会)


[制作]

音楽:片山柊

脚本:ふるたみゆき


[チケット情報]

全席自由 おみやげ付(ふみ香/香老舗 松栄堂、西陣織栞/アトリエshushu)

一般3,000円 学生1,500円 当日券3,500円


[主催・協力]

主催:「夢の浮橋」制作企画

協力:東映京都俳優部/東映剣会、株式会社松栄堂、わき善織物有限会社、アトリエshushu


[公演URL]



閲覧数:16回
bottom of page